短いジョーク集part11

短いジョーク集


霧のロンドンでの思い出


「ロンドンでの休暇はどうだった?」
「最高だったよ。毎晩違う女の子と遊んだよ。
 マーガレット、エリザベス、オリビア、ボブ、メアリー、それから…」
「おい、ちょっと待ってくれ。
 イギリスではボブってのも女の子の名前なのかい?」
「いや、違うんだ。なにしろロンドンは霧が濃くってね」

遅刻と新入社員


新入社員が上司にしぼられていた。
「君はまた一時間遅刻だ!
 いったい何時に仕事が始まるのか知ってるのかね?」
「いいえ、部長。私がここに着くと、いつもみんな仕事をしてるので」


孫に会いに来たメアリー


田舎から孫に会おうと上京してきたメアリーが
途中、孫の勤める会社に立ち寄ってみることにした。

「こちらでジョン・スミスという男が働いているのですが、
 ちょっと面会させて頂けませんか?私は彼の祖母ですが」
「お気の毒ですが、今日は欠勤です。あなたのお葬式に出ています」


民族ジョーク|ポーランド


Q. ポーランドで売られているのコーラのビンのふたには何とか書かれているか。
A. 「開け方は底に記載」

Q. ポーランドで売られているのコーラのビンの底には何とか書かれているか。
A. 「反対側から開けろ」

銀行とは?


金を借りる必要など全くないという事を十分に証明してはじめて、
金を貸してくれる施設の事。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

アメリカンジョーク集

最新の物から 定番の物まで、
短い物から長めの物ものまで
まとめて取り揃えてます!
categories
archives profile

search this site.

others

mobile

qrcode
サイトの新規登録106 ジョークで行こう! アメリカンジョークと愉快な仲間たち

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM