病院の待合室にて

医者と患者のジョーク

病院の待合

ある病院の待合室に2人の男がいた。

そのうちの一人が泣いていた。
「どうして、泣いているんですか?」
 男は泣きながら答えた。
「今日は血液検査の為に来たんだ。あいつ等ときたら、俺の指の先を切りやがった」
 それを聞いたもう一人の男はびっくりして泣き始めた。
 最初の男が尋ねた。
「何で君が泣いているんだい?」

「私は尿検査で呼ばれたんです」

倒れた患者と医者|アメリカンジョーク

医者と患者のジョーク


ナースと医者


ナースが大慌てで医者のもとに駆け込んできた。

「先生、大変です!」
「どうしたメアリー、血相変えて」
「今先生の診察された患者さんが病院から出るなり、
 そのまま倒れてしまいました!」
「何、それなら簡単なことさ。向きを反対方向にしておきなさい。」



人気ブログランキング医者と患者のジョークを探してみる?



#アメリカンジョーク #医者と患者 #ナース 



心療内科とノイローゼの夫の療養先|医者と患者のジョーク

医者と患者のジョーク|ノイローゼ・不安症・神経症

夫の精神状態|自律神経|ノイローゼ

ある婦人が夫の精神状態について心療内科でカウンセリングを受けていた。

「先生、主人はひどいノイローゼですの。」
ひとしきり日常の様子、ことに夫の精神的異常についてまくしたてた。

「そのようですね。」
「しばらく療養させたいのですが、海と山とどちらがよろしいでしょうか?」
「そうですねぇ。」

と少し考えた後、医者が答えた。

「ご主人が山に行かれて、奥さんが海に行かれると一番よろしいかと。」



自律神経失調症うつ病・神経症に効く薬


こちらが体験談のページです。

【連載体験談】デパスの長期服用から2年







肩・ひざなど全身が痛む症状の原因とは?|医者と患者のジョーク

医者と患者のジョーク


ひとりの男が病院にいき、医者にこう告げた。
「ドクター、数日前から全身のどこを触ってもひどく痛むんですよ」

医者は聞いた。
「具体的にはどういう事です?」

男は言った。
「肩を触ると痛いし、ひざを触っても激痛が・・・。
 おでこを触っても本当に、本当に痛いんです」

「わかりました、診て見ましょう」

医者は男の体を一通り触診し答えた。
「症状がわかりました。あなたは指を骨折されてます」


出産祝いにもオススメ!イクメンパパも使える抱っこ紐の選び方

長時間の使用でも腰痛になりにくく、丸洗いOKの大人気抱っこ紐のご紹介。

人気ブログランキング肩・腰・ひざの痛みについての記事を探してみる?

JUGEMテーマ:肩こり、腰痛



ダイエット専門のクリニックとブロンド

医者と患者のジョーク


運動不足で肥満に悩んでいる男がダイエット専門のクリニックを訪ねた。

「5キロほど体重を落としたいんですが」
「ではこちらの部屋へ」

男が案内された広い部屋には、
ブロンドの美女が短パンにタンクトップ姿で微笑んでいた。

「もし彼女を捕まえることができたら、
 あなたの好きなようにして下さって結構です」

男はブロンドを捕まえようと必死になったが、
ブロンドは逃げ回った。
結局、男は1日中走り回り、5キロの減量に成功した。

ダイエットに成功した翌週、男は同じクリニックを訪ねた。

「今日は10キロほど体重を落としたいんですが」
「ではこちらの部屋へ」

男が案内された広い部屋には、
ゴリラのような巨漢の男が短パンにタンクトップ姿で微笑んでいた。

「もし彼に捕まったら、彼の好きなようにされます」







眠れない夜|不眠症と職業の関係とは?

医者と患者のジョーク|不眠症


不眠症と職業病の関係

ルーシーは不眠症のためドクターを訪ねた。

「先生、最近夜どうしても眠れないんです。何とかなりませんか?」
ドクターは夫人を診察してこう言った。
「軽い不眠症ですな。薬を処方します。
 あと寝る前には数を数えるといいですよ羊が一匹、羊が二匹、とね」
「わかりました。やってみますわ」ルーシーは家路に着いた。

次の診療日。

「どうですか。その後の具合は?」
「ええ、お蔭様でよく寝れるようになったわ」
「それは良かった」
「ただ問題があるんです。実は私が数を数えてると主人がいつも決まって
 急に夢から覚めて飛び起きるんで困ってるんです」
「えっとご主人の職業は?」
「プロボクサーです」



寝つきが悪い・眠りが浅いなど不眠症などでお困りの方

睡眠導入薬・睡眠薬・精神安定剤

ストレスケア・緊張緩和や各種サプリメントなど


個人輸入代行実績17年の信頼・オオサカ堂なら何でも揃ってます。
★検索窓からどうぞ


人気ブログランキング不眠症|睡眠障害関連の記事を探してみる?




咳止めシロップとひと瓶丸ごと飲んだ薬とは?

アメリカンジョーク|咳止めシロップ

咳止めシロップ|cough_syrup

薬局のオーナーが店に入ってくると、
一人の男が壁によりかかって辛そうにしていた。

オーナーは、店員に聞いた。

「向こうの壁のところにいる男はどうしたんだい?」

その薬局の店員は言った。

「少し前に彼は咳止めを買いに来たんです。 
 でも、咳止めシロップが見つからなかったので、
 私が、下剤をひと瓶丸ごと飲ませたんです。」

オーナーは言った。

「お前バカじゃないのか? 咳止めに下剤を処方したのか!」

店員は言った。

「え、そうですか? 彼を見てください。 
 咳をしないように必死で我慢してますよ!」



人気ブログランキングアメリカンジョークを探してみる?



体調不良と高血圧の家系

医者と患者のジョーク|高血圧


男が体の不調を訴えて診察を受けた。

医者「血圧が高いですよ」
患者「家系のせいだと思います」
医者「母方かね?それとも父方?」
患者「いいえ、家内のほうなんですよ」
医者「どうして奥さんの家系のせいで、あなたが高血圧になるんです?」
患者「先生、会ってみればおわかりになりますよ」



出産祝いにもオススメ!イクメンパパも使える抱っこ紐の選び方

長時間の使用でも腰痛になりにくく、丸洗いOKの大人気抱っこ紐のご紹介。

人気ブログランキング高血圧家系関連の記事を探してみる?

医者と患者のジョーク|検査結果のページをめくって

医者と患者

医者が難しい顔をして、
向かいに座っている患者の
検査結果のページをめくっている。

「おいくつですか?」
「もうすぐ40になります」
「ならんでしょうな」



人気ブログランキングアメリカンジョークを探してみる?

ブラックジョーク|バルセロナに行ってる間に

ブラックジョーク


バルセロナに行ってる間に

精神科医が精神病院の病棟回診に来て、
二人の患者が変な行動をしているのが目についた。

最初の男はベッドの端に座ってハンドルを動かすような手つきをしながら、
大きな声で「シュッシュッポッポ!」と叫んでいた。
「何をしているんだね?」と医者が尋ねると、
「汽車をバルセロナに向けて走らせているんだ」とこの男は答えた。

医者はちょっとびっくりしたが、ここではそれほど珍しい症状でもないので、
そのままにして医者は隣のベッドに行った。

そこでは男がベッドカバーの下で激しいピストン運動をしていた。

ベッドカバーをめくると、男が素っ裸でベッドのマットレス相手に
セックスの動きを行っていた。
「で、君は何をやっているんだね?」と当惑した医者が尋ねると、
「実はね」とハーハー息をはずませながら男が答えた。

「奴がバルセロナに行ってる間に、奴の奥さんと不倫をしているんだ」



| 1/3PAGES | >>

アメリカンジョーク集

最新の物から 定番の物まで、
短い物から長めの物ものまで
まとめて取り揃えてます!
categories
archives profile

search this site.

others

mobile

qrcode
サイトの新規登録106 ジョークで行こう! アメリカンジョークと愉快な仲間たち

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM