並のステーキと特上ステーキの違いとは?

アメリカンジョーク|ステーキハウス

ステーキ|肉

ある男が新しく出来たステーキハウスに入った。

運ばれてきたメニューには並と特上があった。

どちらを頼もうかと迷っていると、隣のテーブルにステーキの並が運ばれてた。
しばらく見ているとその肉は非常に硬そうで、
隣の客はなかなか切れないステーキに悪戦苦闘していた。

「こんな硬いステーキ、頼み損だな。」

男はすぐにステーキの特上を注文した。

しばらくすると、一見、並と同じような硬そうなステーキが運ばれてきた。

男は怒り、ウェイターを呼びました。

「なんだこのステーキは。特上を頼んだのに、並と同じ肉じゃないか! 
 これじゃあ特上も並も同じじゃないのか?」

ウェイターは涼しい顔をして答えました。

「そんなことはございません。
 特上にはどんな硬い肉も切れる特別なナイフを付けさせていただいております。」




元祖セレブ・ハリウッド女優ザ・ザ・ガボールへの質問

アメリカンジョーク


ハリウッド女優ザ・ザ・ガボール

元祖セレブでハリウッド映画女優のザ・ザ・ガボールは身の上相談の
名回答者としても人気があった。

質問1
「ガボール様、私はこの4年間。ひとりの男性と婚約しておりました。
 その間、彼は美しいミンクのコート、たくさんの宝石、豪華な下着、
 馬1頭、ストーブ1個、外国製の車をくれました。
 ところが急に婚約がダメになりました。どうしたらよいと思いますか?」

ガボールの回答:
「ストーブ1個を返しなさい」


質問2
「ガボール様、私はとてもチャーミングでハンサムな男性と付き合っておりました。
 彼はオクラホマに百以上の油井と、コロラドに金鉱の山を持っています。
 とても気前のよい方なのですが、近頃私に興味を失ったようなのです。
 どうしたらよいのかお教えくださいませ」

ガボールの回答:
「たいへん重大な問題をお抱えのようです。
 百以上の油井と金山と言われましたね?
 どうも私が個人的にその方をどうにかしなければならないようです。
 その人の名前と住所を至急お知らせ下さい」




 
笑えたよって方はポチッとお願いします!


レタスを植えるタイミングと裏庭に埋まっているもの

アメリカンジョーク


レタスを植えるタイミング

ある刑務所で、囚人が彼の妻から来た手紙を受け取った。
「親愛なる夫へ。
 実はわたし、家の裏庭にレタスを植える事にしたの。
 いつ頃に植えるのがベストなのかしら?」

囚人の夫は、刑務官に見られるのを覚悟して手紙を書いた。

「親愛なる妻。
 残念だが、裏庭に触っちゃいかん。
 なぜなら、そこにはオレが隠した30万ドルが埋まっているからだ。」

1週間後、夫は再び、妻からの手紙を受け取った。

「親愛なる夫へ。
 大変よ!本当に信じられない事が起こったわ!
 あれからしばらくして、スコップやらシャベルやらを持った
 数人の男達が家にやって来て、裏庭をすべて掘り起こしたの。」

夫は早速、妻に返信した。

「親愛なる妻へ。
「さぁハニー、レタスを植えるなら今だよ。」





 
笑えたよって方はポチッとお願いします!

★あの人気商品が0円のチャンス!★選べる7つのプロバイダ




アップルウォッチ?|多機能な最新のハイテク腕時計の宿命

アップルウォッチ?|ITジョーク

apple watch(アップルウォッチ)|ハイテク腕時計

ある男が空港で時間待ちをしていた。
男は時計を忘れたのに気付き、誰かに時間を聞こうと考えた。
そうしてしばらく辺りを見回していると、向こうの方から、
いかにも重たそうな2個のスーツケースを持った初老の男が、
よろよろとこちらに歩いてくるのが見えた。
彼は男のもとに歩み寄って尋ねた。

「あの、すいません。今何時か教えて頂けませんか?」

男はちょっと驚いた様子だったが、すぐにニッコリ笑って返答した。

「あ、えーと、どこの国の時間が知りたいのですか?」
「国?」
「あなたの時計は、他の国の時間も見れるのですか?」
「ええ。世界中の時間が見れます」
「世界中のだって!」

彼が驚嘆の声を上げると、初老の男は指を左右に振りながら言った。

「はは、その程度で驚かれては困りますな。
 この時計には、もっといろんな機能がついているのですよ
 GPS、FAX、電子メール、液晶テレビ、etc.」

「なんて素晴らしい、いや贅沢な時計なんだ!」

驚いている彼を尻目に初老の男はハイテク時計を見つめて言った。

「もし、気に入ったのなら900$でお譲りしますけど・・・」

少々高い買い物だったが、彼は迷わず買うことを決めた。
そして財布の中からそのお金を取り出すと、初老の男に手渡した。

「おめでとうございます!
 これであなたもハイテク時計の所有者ですな。」

初老の男はニッコリ笑ってそう言うと、
自分の手首からハイテク腕時計を外して、彼の手首にはめた。
そして、傍らのスーツケースを2つゆっくりと持ち上げると、
喜色満面の彼の足元に、どしんと置いた。
不思議そうな彼の表情に、初老の男は言った。

「あ、これその時計のバッテリーですので。」



スマートフォン・ひかりの乗換えなら断然「auひかり」がお得!

他社回線の乗換えならなんと最大12万円以上の還元!!!
さらにスマホとセットならスマートバリューで毎月2,000円割引!


まずはそのお得を実感してみてください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
auひかり



#アップルウォッチ #applewatch #腕時計

1枚の切符で2人が電車に乗る方法

train_ticket.jpg

ずるがしこいジョニーはサムとディックに
「1枚の切符で2人が電車に乗る方法」を教えていた。

「いいか、まず1枚だけ切符を買って電車に乗るんだ」
「電車が出発したら、二人でトイレにこもって用を足してるフリをするんだ」
「車掌がドアをノックしたらドアの隙間から一枚だけ切符を渡す」
「これで一枚の切符で2人が電車に乗れるって訳さ」

この話を聞いて感心したサムとディックは早速言われたとおり
一枚だけ切符を買って電車に乗った。

それを見ていたジョニーは切符を買わず同じ電車に乗り、
2人が入ったトイレの前に立ちノックすると、
ドアの隙間から出てきた切符を受け取り悠々と自分の席に座った。

父親の威厳と結婚の許可

ボブは結婚の許可を乞うべくスーザンの家を訪れ、
緊張した面持ちで父親と対峙していた。

「お嬢さんと結婚させていただきたいんですが」
ボブがスーザンの父親に申し出た。

「若いの、君は私の妻には会ったのかね」
父親が威厳のある面持ちでボブに尋ねた。

ボブが答えた。
「ハイ、でもやはり僕はお嬢さんの方が良いんです」



タバコも酒もギャンブルもやらない男

アメリカンジョーク



ある富豪が道を歩いていると、
乞食が食べ物を恵んでくれないかとすがってきた。

「お前はタバコを吸うか?何本か分けてやるぞ」
 と富豪が言うと、
「いいえ、私はタバコは吸いません。ただ食べ物が欲しいだけです。」
 と乞食。

 次に富豪が
「お前は酒は飲むか?丁度、良いウイスキーがあるんだ」
 というと、
「いいえ、私はお酒は飲みません。ただ食べ物が欲しいだけです。」
 と乞食。

 さらに富豪が
「お前はギャンブルはするか?実は来週のレースで勝ちそうな馬を知ってるんだ」
 というと、乞食はやはり、
「いいえ、私はギャンブルはやりません。ただ食べ物が欲しいだけです。」
 と答える。

 そこでついに富豪は
「そうか、それならどうやら私はお前を家に連れて帰った方がよさそうだな」
 そう言って、乞食を車に乗せた。

 富豪は豪勢な自宅に着くと、彼は早速乞食を妻に紹介した。
 すると妻は怒って富豪に尋ねた。

「あなた一体どういうつもりなの?その男に食べ物や服を与えて、
 ここに住まわせでもする気?」

 すると富豪は答えた。
「まさか。ただお前に、
 タバコも酒もギャンブルもやらない男がどんなものか見せてやりたくてな」




ジョークで行こう!メールマガジン登録フォーム
★アメリカンジョークほか面白ネタを配信! ぜひ登録をお願いします!
メールアドレス



ダイヤモンドのネックレスと小切手

男と女のジョーク

ダイヤモンドのネックレスと小切手

ある男がゴージャスな美女を伴って高級宝石店に現れた。

男はショーケースの中のネックレスを指さして店員に尋ねた。

「このネックレスはいくらだい?」

「はい、この商品はダイヤモンドをふんだんに使っておりますので、
 お値段は8万ドルになります」

値段を聞いて驚く美女を尻目に、男は言った。

「じゃあ、そいつをもらおうか。代金はこの小切手で頼む」

男が額面8万ドルを書き込んだ小切手を手渡すと、
店員はうやうやしく受け取りながら言った。

「ありがとうございます。ただ、大変申し上げにくいのですが、
 本日は土曜日でございまして…」

「わかってる。商品は月曜日あんたが銀行で小切手を現金に替えてからでかまわんよ」

そう言い残すと、男は美女と共に店から出て行った。

週があけ、男が昼頃に再び宝石店を訪れると、店員は怒りに満ちた声で言った。

「おいあんた!銀行へ行ったが、あんたの口座には1ドルも入ってなかったぞ!
 この嘘つきめ!今さら何しに現れたんだ!」

すると男はニヤリと笑っていった。

「最高の週末を過ごせたお礼を言いにさ」


YouTubeチャンネルにも登録お願いします!
面白動画ほか、赤ちゃん動画、やすきよ漫才集などUPしてます。



■カテゴリー別ジョーク集



初めてのスカイダイビング

アメリカンジョーク

初めてのスカイダイビング

マクラレンは数週間のスカイダイビングのレクチャーを経て、
初めてインストラクターなしでのパラシュート降下練習に臨んだ。

風は囂々と唸り、胃がひっくり返りそうになる。

今だっ!彼は教えてもらった通りにパラシュートの紐を引っ張った.

・・・開かない!

こういう時は予備パラシュートを・・・だめだ。
これもだめだ!

地上がだんだんと近づきつつあった時、
彼は、下からひとりの女性が一直線に近づいてくるのに気づいた。

「おぉお〜い!」マクラレンは叫んだ。
「君はパラシュートの操作について詳しいか〜い?」

「いぃい〜え!」女は答えた。
「それよりあなた、ガス爆発について詳しい〜?」



大金持ちの親父と高級ホテルの支配人

大金持ちの親父


ある大金持ちが高級ホテルへ行き、
その中で一番安い部屋を予約した。

すると支配人が、
「息子さんはいつも最高級の部屋にお泊まりになりますが?」
とたずねた。

大金持ちは一言、
「ああ、彼には大金持ちの親父がいるからな。
 だが、私にはいないんだ」


 
ランキングに参加してます! ポチっとお願いします!




NTTドコモが提供する新サービス、キャッシュゲットモール
有名ショップやサービスで使った料金に応じたポイントが
1円単位で現金としてドコモ口座に送金されます!


| 1/3PAGES | >>

アメリカンジョーク集

最新の物から 定番の物まで、
短い物から長めの物ものまで
まとめて取り揃えてます!
categories
U-NEXT
るるぶトラベル

archives profile

search this site.

others

mobile

qrcode
サイトの新規登録106 ジョークで行こう! アメリカンジョークと愉快な仲間たち

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM