CIAとFBIそしてLAPD(ロス市警)の実力とは?

警察ジョーク


CIAとFBIそしてLAPD(ロス市警)捜査の実力

アメリカ大統領がCIA、FBIとLAPD(ロス市警)を一堂に集め、
捜査の腕はどこが一番優れているかを競わせた。

森にうさぎを1匹放して早くそれを捕まえた者が勝ち、
という競争をやらせてみることにしたのだ。

まずはCIAが入った。
森全域にスパイ網を張り巡らし、
ありとあらゆる動物と鉱物をしらみ潰しに当たり目撃情報を集めた。
3ヶ月の大がかりな捜査の末、
「うさぎはいない」との結論に達したのだった。

次にFBIが入った。
なんら手がかりが得られぬまま2週間が経過した後、
FBIの捜査官達は森を焼き払って、うさぎもろとも皆殺しにしてしまった。
謝罪はせず、「出火元はうさぎ」という事にした。

最後にロス市警が入った。
ものの2時間ほどでボコボコに殴られたタヌキを1匹しょっぴいてきた。
顔中あざだらけのタヌキは叫んでいた。
「オーケーオーケー、分かったってば! 俺がうさぎ!俺がうさぎだ!」



人気ブログランキングアメリカンジョークを探してみる?


#警察ジョーク #FBI #CIA


取り調べと被害者が目撃した物

警察ジョーク


被害者が目撃した物

取り調べを受ける容疑者と被害者がやり取りしていた。
容疑者が被害者に尋ねた。
「その時、本当に俺の顔を見たのかい?」
被害者が聞き返した。
「その時って、いつのその時ですか?」
容疑者はいらだって声を張り上げた。
「俺があんたのハンドバックをひったくった時だよ!」



人気ブログランキングアメリカンジョークを探してみる?


ブロトピ:今日のブログ更新

警察ジョーク|スピード違反と警官の言い分

スピード違反と警官|警察ジョーク

アメリカンジョーク|スピード違反


男は大道りを高速で突っ走っていた。
他の車も同じ速度で突っ走っているから大丈夫だと思っていた。

しかし、スピード違反監視区間を通過したとき、
警官が数人出てきて、車を誘導された。

巡査が男に違反切符を手渡し、署名をさせて立ち去ろうとすると、
男が聞いた。

「おまわりさん、オレがスピードを出していたのは認めるよ。
 だけど不公平だろ?
 同じスピードで走ってた車は、周りにたくさんいただろ?
 何でオレだけ切符を切られないとならないんだい?」

「釣りをしたことはあるか?」

巡査の一人が不意に聞いた。

「釣りだって? そりゃまあ、あるよ」

巡査はにやりと笑ってこう言った。

「君はそこで泳いでる魚を全部釣ったことがあるかね?」


人気ブログランキングスピード違反|違反切符関連の記事を探す?

公演に向かうジャグラーと警察官

警察ジョーク

ジャグラーと警察官

次の公演地に向かって運転していた大道芸人の車が警官に止められた。

「車にナイフがたくさん積んであるが、一体どういうつもりだ?」
「私はジャグラーで、あれは曲芸で使うんですよ」
「本当ですか?試しにちょっと見せて貰えませんか?」

ジャグラーは早速ナイフを空中へ投げ上げ、曲芸を披露した。

そこを通りかかったドライバーが助手席に向かってこう言った。

「お〜、酒を止めてよかったよ。
 見てみろよ、今じゃあんな飲酒運転の検査をやらされるんだぜ」








人気ブログランキングアメリカンジョークを探してみる?

FBI捜査官とマリファナの隠し場所

警察ジョーク


FBI捜査官とマリファナの隠し場所

FBI本部の電話が鳴った。

「もしもしFBI?」
「そうですが、なにか?」
「隣の奴が薪の中にマリファナを隠してるぞ」
「情報をありがとう。それで住所は?」

次の日、その家に大勢の捜査官がやってきて、
薪の中のマリファナを捜索した。
しかし何も出てこなかった。
「どうやらガセネタだったようだな」
FBIは帰っていった。

次の日、その家の電話が鳴った。

「よう、俺だ。昨日FBIが来ただろう?」
「ああ、来たね。俺は何もしちゃいねえのにさ」
「薪を全部割っていったか?」
「ああ割っていったよ。それはそれで助かったけどな」

「よし上出来だ。今度は君がFBIに電話してくれ。
 女房に裏の畑を耕してほしいと言われてるんだ」



人気ブログランキングFBI捜査官の記事を探してみる?


ローマ法王とスピード違反|警察ジョーク

警察ジョーク


ローマ法王がアメリカを訪れたある日のこと。
高速道路を車で走っている途中、後部座席のローマ法王は
運転手に言った。
「私は本当は車の運転が大好きなんだ。
 運転を少しだけ代わってくれないか?」

運転手はローマ法王に運転を代わったまではよかったのだが、
実はローマ法王かなりのスピード狂だった。
案の定、10分もたたないうちに白バイに止められてしまった。
しかし白バイ警官は運転席から降りてきたローマ法王を見て
慌てて無線で上司に指示を仰いだ。

「課長大変です!とんでもない大物の車を取り締まってしまいました!」
「大物!?いったいどれぐらいの大物なんだ?」
「それが私にもわからないぐらいの大物なんです!!
 どうしたらいいんでしょうか?」
「落ち着け。わからないぐらいの大物って一体どういうことなんだ?」
「とにかく大物なんです!
 ローマ法王が彼の運転手をしてるくらいんなんですから!」


人気ブログランキングアメリカンジョークを探す

スピード違反の罰金と写真|警察ジョーク



ある男が車を運転して家に帰る途中、
それと知らない間にスピード違反のトラップにかかって、
速度を記録され車の写真を撮られた。

数日後、罰金40ドルの請求書と車の写真が送られてきたが、
男は罰金を払う代わりに2枚の20ドル札の写真を警察署に送った。

さらに数日後、
警察署から今度は手錠の写真が送られてきた。




FC2 Blog Rankingでアメリカン・ジョークを探してみる


スピード違反とおしゃべりな妻|警察ジョーク

スピード違反とおしゃべりな妻

ある男が高速道路でパトロール中の警官に止められた。

「スピードの出し過ぎですね。時速70マイルは出てましたよ」
「70マイル? そんなバカな、私は60マイルくらいしか出してませんよ」

すると男の妻が助手席から口を挟んだ。
「あなた、絶対に80マイルは出てたわよ」

男が舌打ちして妻を見ると、警官は言葉を続けた。
「あと、テールランプが切れてますね。これも違反です」

「テールランプ? きっと走ってる間に切れたんでしょう。
 ぜんぜん知らなかった」

すると男の妻が再び助手席から口を挟んだ。
「あなた、テールランプが切れてるから交換してって、
 もう1ヵ月も前からあたしが頼んでいたでしょう?」

男が忌々しく妻を見ていると、警官はさらに言葉を続けた。
「それと、シートベルトをしていませんね?」
「シートベルトは、車を停めたときに外したんですよ」

するとおしゃべりな妻がまた口を挟んだ。
「あなた、シートベルトなんてした事ないじゃない」

男は我慢の限界を超えて妻に言った。
「おい!お前はさっきから余計なことばかりべらべら喋りやがって!
 いい加減にしないと車からたたき落とすぞ! このブタ女!」

あまりの剣幕に警官は面くらい、妻に聞いた。
「ご主人はいつもこんなに乱暴な言葉遣いをするのですか?」

するとおしゃべりな妻は困惑した顔で答えた。
「とんでもない! 普段は優しい夫です。
 こんな暴言を吐くのは飲み過ぎた時だけです!」



↓↓↓  過去のジョーク ↓↓↓
結婚記念日-空き缶と浮気の回数
ジグソーパズルのピースが・・・
結婚に関する名言集-名言はジョークそのもの
唯一の課題はバンカーからの脱出
エリア51に迷い込んだパイロット
スピルバーグと5台のカメラ アメリカンジョーク



| 1/1PAGES |

アメリカンジョーク集

最新の物から 定番の物まで、
短い物から長めの物ものまで
まとめて取り揃えてます!
categories
U-NEXT
るるぶトラベル

archives profile

search this site.

others

mobile

qrcode
サイトの新規登録106 ジョークで行こう! アメリカンジョークと愉快な仲間たち

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM