短いブロンドジョーク10連発!|アメリカンジョーク

大好評(笑)、愛すべきおバカさんブロンドがテーマのブロンドジョーク
短い物を選んで10連発でお届けします!



ブロンドはなぜテーブルに水の入ったグラスと空っぽのグラスを置くのか?
答.喉が渇いた時と乾いてない時用



どうしてブロンドは寝る前に髪が濡れてるのですか?
答.家の金魚におやすみの挨拶するから



なぜブロンドは電動の芝刈り機を使うのか?
答.コードを辿れば家に帰れるから



ブロンドが恥ずかしそうにしていた。
飲み屋でバーテンダーの耳に小さな声で「お手洗いはどっち?」と囁いた。
「反対側ですよ」
ブロンドは移動して反対側の耳に囁いた。
「お手洗いはどっち?」



二人のブロンドが一緒にシャワーを浴びています
「ちょっとシャンプー取ってくんない」
「あなたの横にあるでしょ」
「これ乾燥した髪用って書いてあるじゃん」



ブロンドがあなたに手榴弾を投げてきたらどうしますか?
答.ピンを抜いてから投げ返しましょう



パーティで会った紳士にブロンドが尋ねた。

「以前は結婚されていたそうですね。離婚されたんですか?」
「いえ、死別です」
「まあ、どちらが亡くなったの?」



「あのブロンド、AMラジオを買ったんだってな」
「ああ、午後も使えるって気づくまで一ヶ月かかったらしい」



ブロンドはなぜ氷を作れないのか?
答.レシピがないから。



「あなたはどちらの州のご出身ですか?」
「マサチューセッツよ」
「ではこちらの書類に自筆でお願いします」
「あ、やっぱりアイオワ州だったわ」



ブロンドジョーク|絶好調!大人気のブロンドシリーズです!
 

人気ブログランキング短いジョーク関連の記事を探してみる?





短いブロンドジョーク集

ブロンドジョーク

ブロンドジョーク|短いジョーク集

ブロンドと泥棒


泥棒がブロンド美女の家に忍び込み、テレビを盗んだ。

ちょうど泥棒が窓から逃げ出す時、
そのブロンドは泥棒に気づき叫んだ。

「ちょっと、あなた! リモコンを忘れてるわよ!」


シェイクスピアとブロンド


ブロンドが友達と話をしていた。

「ねえ、シェークスピアの作品って、読んだことある?」
「ないわ。誰が書いたの?」


小学校で習ったこと



スーパーの果物売り場で、ブロンド美女が友人に質問していた。

「えーっと、バナナが3本で、マンゴーが4つでしょ・・・。
 あれ、合計すると全部で何個かな?」

「そんな簡単な計算、小学校で習わなかったの?」

「習わなかったわよ。学校のテストで出た問題は、リンゴとオレンジだったから」



★その他のオススメ「ブロンドジョーク」

初めての検査と全裸のブロンド娘
五番街へ行けますか?|ブロンドジョーク
コーヒーを飲む時の注意点とは?




少年と神様宛ての手紙|政治と金のジョーク

政治と金のジョーク


政治ジョーク|大統領

その少年にはどうしても欲しいオモチャがあり、
神様に100ドルくれるように手紙を書く事にした。

神様宛ての手紙を受け取った郵便局員は気を利かせて、
その手紙を大統領に送った。

大統領補佐官は、その無邪気な手紙が大統領を喜ばせるだろうと、
大統領宛ての手紙の束にそれをもぐり込ませたのだった。

それを読んだ大統領は、ほほえましく思い、
その少年に5ドルだけ贈ってやることにした。
小さな少年には100ドルは大金過ぎると思ったからだ。

それを受け取った少年は大喜びして、早速礼状を書くことにした。
   
 神様、ありがとう。

 あなた様は政府を通じてお金をお送り下さいましたが、
 いつものことながら、あのカスどもが95ドルも税金を
 差し引いてしまいました。

 どうか天罰を下してください。

アメリカにやってきたスコットランド人と犬を食べる習慣

民族ジョーク|スコットランド


ホットドッグ|犬を食べる習慣

二人のスコットランド人の尼さんがアメリカに船で到着した。
片方がもう一人にこう言った。

「聞いた所によるとこの国の人は実際に犬を食べる習慣があるそうなのよ。」 

「まあ、」ともう片方が答える。
「だけど私達がアメリカに住むのならば彼らと同じ事をするべきね。」

分かったように頷くと年取った方の尼さんはホットドッグスタンドを指差すと
二人でそちらに向かって歩いていった。

「ドッグを2つ下さいな」と片方が言った。

スタンドの人は喜んで従うとホットドッグをアルミホイルに包みカウンタ越しに渡した。

興奮した二人は急いでベンチのところに行って彼女らの「ドッグ」を開ける。 

年取った方の尼さんが先に開けてみる。

彼女は顔を赤くすると、しばらくそれを眺めて、
そしてもう一人の尼さんの方に顔を寄せると小さな声でこう聞いた。

「あなたのはどの部分だった?」




探偵を雇って分かった事とは?

職業ジョーク


探偵を雇って調査|分かった事とは?

スーパーマーケットのオーナーは自分の店が非常に繁盛しているにもかかわらず、
儲けがちっとも増えないので、探偵を雇って調査させる事にした。

一週間後にこのオーナーが探偵に尋ねた。

「君は一週間僕の店をずっと調べていたが、
 相変わらず儲けが出ない。何かがおかしいはずだ。」

「私にもわかりません」と探偵は答えた。

「私はこの一週間従業員全員を見張っていましたし、
 店のすべての出入り口も見ていました。
 お店の全てを見ていたにもかかわらず、何も盗まれた形跡はありませんでした。
 5台のレジはいつも忙しそうに稼働していましたしね‥」

「5台だって?」オーナーは探偵の報告を遮った。

「うちには4台しかレジがないんだよ!」



原一探偵事務所



アーミッシュの父子とエレベーター

民族ジョーク


アーミッシュ|民族ジョーク

アーミッシュの父子が大型ショッピング・センターにやってきた。

2人は目につく物が何でも珍しくて驚いていた。
とりわけ銀ピカの壁が開いては、また滑り出してきて閉じる様にはびっくりさせられた。

少年が父親に尋ねた。

「お父さん、これ何?」

エレベーターを見たことがない父親は

「こんなもの、生まれてこのかた見たことがない。分からんなぁ」と答えた。

親子があっけに取られて見ていると、
太ったお婆さんが車椅子を転がして動く壁の前に来てボタンを押した。

壁が左右に開くとお婆さんは小さな部屋に入っていった。

壁が閉じると、父子は壁の上に付いている連続番号が、
1から順に点滅するようすを見つめた。

ランプの数字が順番に上り、また逆に下って戻ってきた。
そしてついに壁が開き、中から着飾ったブロンドの女性が颯爽と出てきた。

父親は若い女性を見つめたまま、小声で少年に言いつけた。

「今すぐ、お母さんを呼んできなさい」





笑えたよって方はポチッとお願いします!



| 1/91PAGES | >>

アメリカンジョーク集

最新の物から 定番の物まで、
短い物から長めの物ものまで
まとめて取り揃えてます!
子供と大人の 童謡チャンネル
童謡を子供から大人まで楽しめるオリジナルアレンジでUPしたYouTubeチャンネルです。
チャンネル登録をお願いします!


categories
profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM